2019年01月22日

冷泉公裕さん

友人から冷泉公裕さんがお亡くなりになった事を聞きました。71歳、お若いです。
自分が若いころ・・・もう三十年くらいも前になるでしょうか。
信州伊那市長谷村中尾歌舞伎の舞台で冷泉さんがコンサートをやった事がありまして、その時僕一人ギター1本だけで伴奏をした事があります。とても楽しく優しい人で、何度か飲みに行ったり、また冷泉さんのコンサートにも行きました。吉祥寺バウスシアターでのコンサートは今でも思い出されます。大河ドラマ「風林火山」に出演されている時にたまたまNHKラジオでお話されているのを聞いて、お元気そうでうれしかったのに。 ご冥福をお祈り申し上げます。

http://fmg.jp/profile/kimihiro_reizei.html
posted by ten-zan at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ふるさと

2018年08月03日

鳥の名前がわかりました。

鳥の名前がわかりました。fbで教えていただいたのですが、イソヒヨドリのオスなのだそうです。あの写真は山の方で撮影したものなんですが、この鳥は名前通りいつもは海の方に生息しているらしいです。今年の熱波は強烈てすからこの鳥も山の方が涼しいとでも思ったのでしょうか?それにしても列島の暑さはハンパない。皆さま熱中症には重々お気をつけください(⌒-⌒; )
posted by ten-zan at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月24日

鳥の種類がわからない。

0FF5AAED-85AF-41F7-8578-9BEE9EDE0D14.jpeg
ずいぶんとうるさく鳴いていた鳥が、メスとオスと交互に同じ場所を行ったり来たりしてました。何の鳥なんでしょうか?
いつもパソコンなんですが、実験を兼ねてタブレットから投稿してみました。
posted by ten-zan at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月19日

コヤニスカッティ

NHKEテレ「らららクラシック」でスティーブ・ライヒを扱っていました。番組でミニマル・ミュージックはベートーベンあたりから始まったとの見解で随分昔からあったのですね。私は1970年代にキング・クリムゾンを聞いた時に面白いなと思ったのが最初です、番組に出演されていたトクマルショーゴさんがオーケストラではなくギターとベースでやっていましたがとても良かった。緊張感と心地よさのある音楽は大きな世界を表現しています。そこで思い出したのが映画「コヤニスカッティー」音楽は「フィリップ・グラス」です。ビデオテープをもって僕にわざわざ観せに来てくれたのはマブダチだった酒見くん。もう20年も前に旅立ってしまったけれど、芸術性がとても高くてわたしゃ随分と影響受けました。色々なアーティストがこの映像の影響を受けていると思います。
posted by ten-zan at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月13日

空飛ぶタイヤ


映画『空飛ぶタイヤ』予告編
さすがにあの半沢直樹シリーズの池井戸潤先生だから見に行ってしまいました。この実話というか事件は当時とても印象に残っています。好きな役者さん方も出ていたってのもありますが、見終わってどこかスカッとするところはもう忘れかかっていますがどこかであの高倉健さんの「唐獅子牡丹」が思い出されました。
posted by ten-zan at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
桜守の詩(うた)/天山(被災地応援バージョン)
CD 風の彩(いろ)から